脱毛のメカニズムは

抜け毛の症状は主に若年男性の悩みですが、女性も加齢とともに全体に薄くなる悩みがあります。 
 
脱毛の原因は、遺伝、老化、ストレス、頭皮緊張(頭皮が突っ張られ、血液循環が滞る)などが挙げられますが、男性ホルモンが大きく関わっていることは間違いありません。 
 
男性ホルモンは、ひげや胸毛を濃くしますが、頭頂部では逆の働きをします。男性ホルモン(テストステロン)は5α-リダクターゼという酵素の働きで、活性型男性ホルモンのジヒドロテストステロン(DHT)に変化すると、毛根の細胞に作用して髪の成長を妨げます。 
 
男性型脱毛の飲み薬「プロペシア」に含まれているフィナステリドは5α-リダクターゼ阻害作用を持っていて、男性ホルモンからDHTがつくられるのを抑えます。なお、フィナステリドは医療用医薬品で医師の処方が必要です。