生理周期と肌トラブルの関係は?

女性の生理周期が肌に影響を与えることは以前から知られています。一般的に女性の肌は排卵日の頃が最もきめが整って美しいことは科学的にも証明されています。一方、生理開始前は皮膚のバリア機能が低下し、肌が外からの刺激を受けやすく、ちょっとした刺激に対してもトラブルが起きやすくなっているのです。 
 
皮脂の分泌量も生理周期によって増減することも分かっています。生理後は女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)が多く分泌され、それにより皮脂の分泌は抑えられます。排卵を境にプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が多くなり、皮脂分泌は量が増加します。 
 
ですから生理前は肌が脂っぽくなりがちでニキビもできやすいので、洗顔はいつもより丁寧にしましょう。ニキビに悪い寝不足など不規則な生活は避け、そして菓子類やスナック類などの食事にも気をつけましょう。 
肌トラブルを予防するためには、生理周期にあわせた適切なお手入れや規則正しい生活を心がけることも大切です。 
 
中央書院刊「肌トラブル解決バイブル」を参考にしました。