泡立てNGの洗顔料とは?

たっぷりの泡で包み込むようにして、泡で汚れを落とすように洗うのが洗顔の常識です。 

たっぷり泡を立てて洗うと摩擦が少ないので肌に負担をかけません。そして泡立てるということは、洗浄剤を希釈する(薄める)ことなので、高濃度の洗浄剤が肌に付着しません。この2点が”泡洗顔”のプラス面といえるでしょう。 

ですから、泡立てネットなどで泡立てて、その泡で洗うことはとても理に適っていることなのです。肌にソフトな泡洗顔ですが、肌に負担をかけないためには、手早く洗い、ていねいにすすぐことも大切です。 

ところが、洗顔料の中には、泡立てずに肌にそのままなじませて使用する製品もあります。保水成分を主体とした処方でつくられた洗顔料で、保水成分は洗い流した後も肌に残って、肌の乾燥を抑えます。 

洗顔料の泡を立てず直接肌に塗布して使う理由ですが、泡立てると保水成分が希釈されてしまうからで、高濃度に配合された保水成分の効果をそのまま引き出すためだそうです。