弱酸性の洗顔料の方が肌に良いのか?

健康な肌は弱酸性なので、化粧品の多くは肌と同じ弱酸性につくられています。しか し、石けんなどの洗顔料は洗浄力が必要なので、弱アルカリ性のものが多いのです。 
 
弱アルカリ性の洗顔料で洗うと、その直後の肌はややアルカリ性になりますが、肌本来 の力(アルカリ中和能)で弱酸性に戻るので、アルカリ性の洗顔料が肌に悪い影響を与えることはありません。 
 
弱酸性は肌にやさしい条件の一つですが、弱酸性だからすべて良いというわけではあり ません。肌性や肌の悩み、そして好みなどから自分に合った洗顔料を選んでください。 
 
いずれにしろ、どんな洗顔料を使っても、すすぎが不十分だったりすると、肌のダメージ になります。洗顔料を肌に残さないように、すすぎ終わったと思ってから、さらに数回す すぐくらい念入りに行いましょう。