アミノ酸はどんなもの?

私達の体や皮膚は、ほとんどが水とタンパク質からできているといっても過言ではありません。 
そして、タンパク質をさらに細かく分解したものがアミノ酸です。 
言い換えれば皮膚をはじめ私達の体はアミノ酸からつくられているともいえるのです。 
アミノ酸はおもに炭素、水素、酸素、窒素、イオウからなる化合物です。 
自然界には何百種類のアミノ酸があるといわれますが、タンパク質を構成するアミノ酸は約20種類です。 
タンパク質は20種類のアミノ酸が複雑に結合してできていますが、 
それらのアミノ酸の組み合わせの仕方によって、異なる種類のタンパク質ができるのです。 
アミノ酸は体の中で他のアミノ酸などから合成されますが、 
しかし、9種類だけは食べ物からとらないと体内ではつくることができません。 
これを必須アミノ酸といいます。 
必須アミノ酸が1つでも欠乏すると体の機能を正常に保てなくなります。 
ですから、毎日バランスよく食品でとる必要があります。 
 
必須アミノ酸のバランスがいい食品は、肉や魚、卵や牛乳などです。 
ただ、一般にタンパク質を多く含む食品は脂肪も多いため、大量にとろうとするとカロリーオーバーになりがちです。 
ですから、ダイエットを考えるなら、アミノ酸をサプリメントで補うのがよいでしょう。