なぜ洗顔にぬるま湯が良いのか

石けんで洗顔する場合、水より温水のほうが、皮脂と混ざった汚れをよく取り去ることが、まず理由としてあげられます。 
ただ熱いお湯で洗うと必要以上に皮脂を取り去ることになるので、注意しなければなりません。 
 
皮脂や汚れを取り去る力のある洗顔石けんは、できるだけ肌への負担を少なくし、 
なおかつ洗浄効果があるようにつくられています。 
とくにぬるま湯を使うとスピーディーに肌から汚れや石けん分も、落とすことができるのです。 
ちなみに、汚れをよく落とすには洗顔料の使用量の多さではなく、よく泡立てることが大切です。 
 
ともあれ、洗顔直後の肌はストリップ状態ですから 
(洗顔で取り去られた皮脂が元の状態に回復するには2~3時間かかります)、 
わずかな刺激や細菌などのへの抵抗力が弱まっています。 
ですから洗顔後は、肌が乾かないうちに、化粧水、乳液、クリームなどですみやかに肌を整え、保護するようにしましょう。 
 
※中央書院刊「BEAUTY WORD皮膚科学用語編」を参考にしました