まつエク派?それともまつパー派?

まつエク派?それともまつパー派?

まつエクとまつパーにはそれぞれメリットとデメリットがあります。同時にケアを受けるとまつげに負荷がかかるので、自分に合った方法を選ぶことが大切です。そのために両者の特徴を徹底検証し、違いを把握しておく必要があります。まずメイクをするときの手間に関してですが、これはどちらの場合も変わりありません。...
2020年 一番売れた人気ヘアケア

2020年 一番売れた人気ヘアケア

黒くて太い健康な髪の毛を育てるためには、高品質で上質な素材を使用したシャンプー剤やトリートメントを選ぶことが大事です。頭皮は健康な髪の毛を育てるために、非常に大切な役割をしているので、低刺激でお肌に優しいシャンプー剤を選びましょう。 2020年に一番売れたヘアケア用品は、弱酸性のアミノ酸系シャンプーで90%以上が保湿、補修成分で作られた商品です。...
寒くなる前にしたいヘア対策

寒くなる前にしたいヘア対策

冬が近づくと空気が乾燥するので、冬の気候に対応できるヘアケア対策が必要になります。事前にヘアケア対策をすれば、紫外線からのダメージにも負けない健康的な髪質になれます。1月から2月は、1年の間で最も空気が乾燥します。湿度が20%から30%になると、髪の水分も奪われてしまいます。冬の乾燥によって皮膚表面の水分が蒸発すると、肌を守っている角層がダメージを受けます。...
アイブロウの上手なシェイプ方法

アイブロウの上手なシェイプ方法

眉毛は人の印象づくりに大事なポイントですが、その印象を左右するのがアイブロウの描き方です。アイブロウは一般的に眉毛を描くメイクやアイテムのことを指しますが、初心者は難しいため苦手という人も多いメイクと言えます。そんなアイブロウを失敗しないための上手なメイクアップ法を覚えておくことで、どんな形の眉毛でも美人顔に近づけられます。...
美容室であなたがやりたいスタイルを上手に伝える方法

美容室であなたがやりたいスタイルを上手に伝える方法

自分がイメージしていた色よりもだいぶん明るい派手なヘアカラーになってしまい職場で浮いてしまった事や、思い切ってロングヘアからショートヘアにイメージチェンジしてみたけど違和感があり過ぎていつまで経っても慣れず後悔している、サロンでスタイリストが作ってくれたスタイリングを自宅で再現させることが出来ない、パーマをかけたけど思っていたよりもカールが強めで頭が大きく見えてしまう、髪の毛を切り過ぎてしまい恥ずかしくて外出できないなど、サロンでのカットやカラーやパーマにおける失敗談は尽きません。...

目の下のクマ解消法

目元まわりのケア商品が売れています。 中高年女性など実際に肌トラブルを抱えた女性の使用だけでなく、最近は予防効果を期待した 20~30代にまで購買層が広がっているためです。 それではどんな目元の悩みを抱えているのでしょうか。 ある化粧品会社が行なった「目元の悩み調査」によると、40代以上が小じわを、20~30代が目の下のくまをトップにあげ、 全体ではくまを気にしている女性が最も多いことが分かりました。 目の下のくまは寝不足や疲れがたまった時にできますが、 このような...

夏に向けてマスカラで勝負

マスカラは女の「決め」アイテムとして、今一番女性が力をいれているメイクといえるでしょう。 各化粧品メーカーは今夏に、マスカラの新商品を相次いで発売します。 カネボウが20代から50代の女性208人に実施した調査によると、...

ビタミンQ、知っていますか?

ビタミンはごくわずかの量で、各栄養素の体内での働きを円滑にしたり、からだの機能を調節しますが、 体内では合成できないものが多いので、食品から補給しなければなりません。 ビタミンは13種類ありますが、最近、ビタミンQという聞きなれないビタミンが注目されています。 いま欧米では脚のむくみを解消するサプリメントとして脚光を浴び、 日本でもテレビの健康番組などでもよく取り上げられています。  ビタミンQは、コエンザイムQ10という補酵素のことで、 ユビキノンとも血圧、慢性疲労などの症状に効果をあらわします。 また、抗酸化作用も注目され、化粧品...

アミノ酸はどんなもの?

私達の体や皮膚は、ほとんどが水とタンパク質からできているといっても過言ではありません。 そして、タンパク質をさらに細かく分解したものがアミノ酸です。 言い換えれば皮膚をはじめ私達の体はアミノ酸からつくられているともいえるのです。 アミノ酸はおもに炭素、水素、酸素、窒素、イオウからなる化合物です。 自然界には何百種類のアミノ酸があるといわれますが、タンパク質を構成するアミノ酸は約20種類です。 タンパク質は20種類のアミノ酸が複雑に結合してできていますが、 それらのアミノ酸の組...

アミノ酸と皮膚・髪の関係

アミノ酸は皮膚や髪の原料となるばかりでなく、皮膚や髪の水分を保つという重要な役割も果たしています。 皮膚表面の角質はケラチンというタンパク質でつくられており、水分を含むとふっくらとふやけて柔らかくなります。 ケラチンが含んだ水分を長時間しっかり保ってくれるのは、角質に天然保湿因子(NMF)があるからです。 実際、NMFの少ない皮膚は、水分を失いやすく、角質が硬く変化します。このNMFの約40%がアミノ酸です。  髪の主成分もケラチンタンパク質です。 髪のケラチンはシスチン含有量が約16%と多く(皮膚では約3%)、 髪の強靭性や弾力性は...