美容室であなたがやりたいスタイルを上手に伝える方法

自分がイメージしていた色よりもだいぶん明るい派手なヘアカラーになってしまい職場で浮いてしまった事や、思い切ってロングヘアからショートヘアにイメージチェンジしてみたけど違和感があり過ぎていつまで経っても慣れず後悔している、サロンでスタイリストが作ってくれたスタイリングを自宅で再現させることが出来ない、パーマをかけたけど思っていたよりもカールが強めで頭が大きく見えてしまう、髪の毛を切り過ぎてしまい恥ずかしくて外出できないなど、サロンでのカットやカラーやパーマにおける失敗談は尽きません。

目の下のクマ解消法

目元まわりのケア商品が売れています。 中高年女性など実際に肌トラブルを抱えた女性の使用だけでなく、最近は予防効果を期待した 20~30代にまで購買層が広がっているためです。 それではどんな目元の悩みを抱えているのでしょうか。 ある化粧品会社が行なった「目元の悩み調査」によると、40代以上が小じわを、20~30代が目の下のくまをトップにあげ、 全体ではくまを気にしている女性が最も多いことが分かりました。 目の下のくまは寝不足や疲れがたまった時にできますが、 このような状態の時は目元のまわりの血行が悪くなり血液が滞留します。 このとき滞留している血液はにごった色をしているので黒ずんでみえるのです。 若いときのくまなら一晩休むと回復しますが、加齢でできたくまは深刻です。  加齢によるくまには、目の下にふくらみが現れるのが特徴です。 このふくらみは脂肪ですが、加齢とともに皮膚の弾力が衰えてたるみ、目の下がふくらんでしまいます。 このふくらみはとても老けた印象を与えます。  くまの解決策としては、血液の循環をよくするマッサージの効果があります。 目のまわりは皮膚が薄いので力を抜くのがコツです。 また、血流をよくする成分を配合した専用のクリームも発売されています。 メイクですが、ファンデーションの厚塗りは逆効果です。 目の下の影ができる部分にハイライト効果のあるパール入りのフェイスカラーを入れて明るくみせるのがコツ。 また、メイクのポイントを唇にするなど、目と別のところにもっていくのも効果的です。 ちなみに、目元のクマを隠す部分補整料「マジカルチェンジクリアパウダー」がカネボウからこの春発売されましたが、 クマに悩む女性の人気を集めています。 

夏に向けてマスカラで勝負

マスカラは女の「決め」アイテムとして、今一番女性が力をいれているメイクといえるでしょう。 各化粧品メーカーは今夏に、マスカラの新商品を相次いで発売します。 カネボウが20代から50代の女性208人に実施した調査によると、 約9割の人のまつげが水平より下向きに生えており、 「まつげを持ち上げ目を大きく見せるマスカラ」を求める声が多かったそうです。 「ボリューム」「ロング」「カール」人によって強調させたいところは様々ですが、 これら全ての要素を持ちながらさらに特徴のある目になるマスカラをみんな求めているのではないでしょうか。  ボリュームタイプでの注目株は、ヘレナ ルビンスタインの「エクストバガント マスカラ」(3,800円)。 まつげが束になるのを防ぐためにブラシの毛をニ方向に植毛し、まつげの生え方に逆らってとかすというものです。  ロングタイプでは、やはりマックスファクター「ストレッチ&セパレート マスカラ」(2,500円)。 まつ毛同士をくっつきにくくさせ、放射状に広がるように。液を固形状にし、まつげに塗ると瞬時に液状化します。  人気のカールタイプは、資生堂から「ピエヌ ディーブラッシュ マスカラ」(2,500円)、 カネボウからは「ティスティモ ウォータープルーフ Wマスカラ」(2,500円)が発売。 資生堂は「まつ毛一本一本にしっかり液がつく上、特殊コームで根元にライン効果も」。 カネボウも「ベースコートでカールアップしつつ、汗や皮脂からガーメイク従来のものよりパワーアップ。 本命はランコム「フレクステンシル」(3,700円)。 独自の技術でまつげに30度のカールがつけられ、長時間維持できるのが特徴。 同社によると、2001年ブランド別マスカラ売上げ第一位で、百貨店のマスカラ販売売上げの約35%を占めたそうです。  もうすっかり定着したウォータープルーフやマスカラ下地に加え、今年はカラーマスカラも多く出てきています。 これまでになく豊富な色で質感もアップしています。 寒色系ではシャネルの「エクストレム シル ウォータープルーフ」(3,600円)。 ブルー系シャドウと相性のいい、翡翠みたいに輝くグリーン。 暖色系ではアナ スイ「アイラッシュ&アイブロウ カラー」(2,700円)。 ボヘミアンな服にも似合う、明るいタイプのオレンジです。  ベーシックでいくもよし、カラーで攻めるもよし、気分に合わせて今年はマスカラを使ってみませんか? 

ビタミンQ、知っていますか?

ビタミンはごくわずかの量で、各栄養素の体内での働きを円滑にしたり、からだの機能を調節しますが、 体内では合成できないものが多いので、食品から補給しなければなりません。 ビタミンは13種類ありますが、最近、ビタミンQという聞きなれないビタミンが注目されています。 いま欧米では脚のむくみを解消するサプリメントとして脚光を浴び、 日本でもテレビの健康番組などでもよく取り上げられています。  ビタミンQは、コエンザイムQ10という補酵素のことで、 ユビキノンとも血圧、慢性疲労などの症状に効果をあらわします。 また、抗酸化作用も注目され、化粧品の成分にも使用されています。  私たちは一日約4~7ミリグラムを食品から摂っていますが、しかし、加呼ばれています。 体内で合成されるので、生体内で合成されないビタミンとは異なりますが、 働きがビタミンと似ているために、ビタミンではありませんが、こう呼ばれています。  栄養素からエネルギーを取り出すのに深く関わるほか、免疫や白血球、精子の働きを活発にします。 しかし、年をとるにつれ、ビタミンQを体内で生産する能力が低下します。 このため、外から補給すると、心筋症や高齢による不足分を補うには30~60ミリグラムが目安となります。 ちなみに、ビタミンQを多く含む食品はイワシ、カツオ、マグロなどの青魚、牛や豚肉、レバー、モツ類、ビーナツなどです。 

アミノ酸はどんなもの?

私達の体や皮膚は、ほとんどが水とタンパク質からできているといっても過言ではありません。 そして、タンパク質をさらに細かく分解したものがアミノ酸です。 言い換えれば皮膚をはじめ私達の体はアミノ酸からつくられているともいえるのです。 アミノ酸はおもに炭素、水素、酸素、窒素、イオウからなる化合物です。 自然界には何百種類のアミノ酸があるといわれますが、タンパク質を構成するアミノ酸は約20種類です。 タンパク質は20種類のアミノ酸が複雑に結合してできていますが、 それらのアミノ酸の組み合わせの仕方によって、異なる種類のタンパク質ができるのです。 アミノ酸は体の中で他のアミノ酸などから合成されますが、 しかし、9種類だけは食べ物からとらないと体内ではつくることができません。 これを必須アミノ酸といいます。 必須アミノ酸が1つでも欠乏すると体の機能を正常に保てなくなります。 ですから、毎日バランスよく食品でとる必要があります。  必須アミノ酸のバランスがいい食品は、肉や魚、卵や牛乳などです。 ただ、一般にタンパク質を多く含む食品は脂肪も多いため、大量にとろうとするとカロリーオーバーになりがちです。 ですから、ダイエットを考えるなら、アミノ酸をサプリメントで補うのがよいでしょう。 

アミノ酸と皮膚・髪の関係

アミノ酸は皮膚や髪の原料となるばかりでなく、皮膚や髪の水分を保つという重要な役割も果たしています。 皮膚表面の角質はケラチンというタンパク質でつくられており、水分を含むとふっくらとふやけて柔らかくなります。 ケラチンが含んだ水分を長時間しっかり保ってくれるのは、角質に天然保湿因子(NMF)があるからです。 実際、NMFの少ない皮膚は、水分を失いやすく、角質が硬く変化します。このNMFの約40%がアミノ酸です。  髪の主成分もケラチンタンパク質です。 髪のケラチンはシスチン含有量が約16%と多く(皮膚では約3%)、 髪の強靭性や弾力性はシスチン含有量の多さからきています。 ちなみに髪のケラチンを硬ケラチン、皮膚角質層のケラチンを軟ケラチンといいます。 健康な髪はケラチンをつくっているアミノ酸が様々な結合でしっかりと結びついていて、 弾力性に富み、適正な水分も保てます。 そのため、アミノ酸が失われると髪がばさつき、切れやすくなります。  みずみずしい皮膚やつややかな髪を保つには、 皮膚や髪の原料であるアミノ酸自体を化粧品で補うことが大切です。 最近は洗顔料やシャンプーなどもアミノ酸系のものが多く販売されています。 皮膚や髪と同じ成分で洗うため皮膚や髪に負担をかけないので、特に敏感肌に悩む方には向いています。 

ジェル→液体→ジェルと化粧水が変化するのは?

使用感をよくしたり、肌へのなじみや保水効果を高めるため、いろいろな形状の化粧品が最近は開発されています。 その中には、手に取るととろりとしたジェル状が、肌につけると液状に、 肌内部で再びジェル状に変わる化粧水も誕生しています。  これは特殊なベースの「チキソトロピー」を応用した新しいタイプの化粧水です。 チキソトロピーとは、ゲルからゾルへ状態が展開する現象として知られています。 濃厚なエマルションやゲルに力を加えると軟らかくなって粘度が下がり、動き易くなるが、 放置しておくとまた固まってくる現象で、揺変性ともいいます。  この物理的性質は、リップスティックなどに応用されます。 リップブラシでリップスティックの表面を触れたり、口紅を直接唇に軽く押し当てると紅が軟らかくなってブラシや唇につきます。 ところが、使用後口紅をそのまま放置すると元の固さに戻ります。 これもチキソトロピーです。 さらにこのタイプの化粧水を理解してもらうためにケチャップの例があります。  ケチャップを使わないで置いておくと固くなりますが、 使用するとき容器の底をトントンと叩くと軟らかくなってトロトロと出てきます。 この化粧水も手に取った時点ではジェル状だが、 手のひらで混ぜたり顔に塗ったりするなど力を加えると普通の化粧水のように液状になります。 さらに、液状になった後、肌内部で再びジェル化するので肌にハリが感じられるようです。 チキソトロピー性のあるジェルベースがこの化粧水のポイントになっています。  ※中央書院刊「ビューテイ トレンド」(2003年1月15日発売予定)より抜粋 

老化のカギを握るテロメア

つい最近、人間の生命の設計図とも言えるゲノム(全遺伝情報)完全に解読されました。 1953年の遺伝子2重らせん構造の発見からちょうど50年。 1990年の解読着手以来、約12年半をかけて、DNA(遺伝子)を構成する基本物質である4種類の塩基、 アデニン(A)、グアニン(G)、シトシン(C)、チミン(T)が織りなす約28億3千万文字の遺伝暗号を読み切ったことになります。  この計画に参画した米国、英国、日本、フランス、ドイツ、中国など 6カ国のこれに携わった研究陣の努力による快挙と賞賛できるでしょう。 今後は、ゲノムに書き込まれた遺伝子が作る機能の解明が課題として残されています。 生命研究が進歩すると同時に、患者一人ひとりの遺伝体質に対応した医療の開発が期待されます。  さて、DNAの端の部分は、TTAGGGという6つの塩基の数十から数千の繰り返しで構成されていると言われています。 すなわちテロメアと呼ばれる部分です。  人間の体は約60兆個の細胞からできていると言われています。 これらの細胞の一つひとつは、分裂を繰り返して新しいものと作り替えられます。 ところが、困ったことに分裂するごとにテロメアと呼ばれる染色体の末端が短くなって行くのです。 このように、テロメアの部分がある程度まで短くなってしまうと、もうその細胞は分裂する能力を失ってしまいます。 すると老化が進み、ついには死を迎えることになるのです。  このように、テロメアは細胞分裂の回数、すなわち寿命を決定づける要因と考えられています。 しかし、ガン細胞や生殖細胞(精子や卵子)には、分裂の際に短くなったテロメアを修復して、 もとの長さに戻すテロメラーゼという酵素があることが解明されています。  ところが、残念ながら体を作っているその他の細胞にはテロメラーゼの存在は発見されておりません。 このように老化の研究が進歩してもヒトの最長寿命は、現在までのところ120歳ぐらいまでが限度とされています。  ※中央書院刊「ビューテイ トレンド」を参考にしました。 

細胞間脂質を増やす食品

角質層は、角質細胞が数層から十数層積み重なり、その間を細胞間脂質が埋めていて、 まるでセメントで塗り固められたレンガ塀のような構造をしています。 角質層の厚さはポリエチレンラップ程度の薄い膜ですが、保湿のバリアとして重要な役割を担っています。  細胞間脂質が不足すると角質層の保湿機能は低下して、肌は乾燥状態となります。 このような状態の肌に外からどんなに水分や油分を補ったとしても肌はうるおいません。 まずは細胞間脂質を増やして、水分や油分を逃がさないことが先決です。  細胞間脂質を合成するためには食事も大切であり、特に原料の一つである「コレステロール」の摂取が必要です。 コレステロールは動脈硬化や高脂血症などの生活習慣病の原因になることから、 とかく敬遠されますが、皮膚にとっては新陳代謝を活発にし、細胞間脂質を合成する働きがあります。 コレステロールを多く含む卵を1日1個食べるようにしましょう。  高脂血症の治療でコレステロールを下げる薬を飲むと、皮膚がかさかさになります。 このときの対策として、皮膚に保湿剤を塗ることで対処しますが、食事治療としては魚油がすすめられています。 イワシやサバなどの魚油は、「EPA」(エイコサペンタエン酸)や「DHA」(ドコサヘキサエン酸)に加えて、 ビタミンAやD、Eなどもたくさん含んでいるので、細胞間脂質の補給に有効ですし、血流をよくすることにも役立ちます。  とくに「ビタミンD」は表皮の分化を調節する作用があり、表皮細胞の厚さ、中でも細胞膜を厚く丈夫にすることや 脂質代謝を促進して、細胞間脂質の量を増加することが認められています。 イワシやサバが苦手という人はマグロやサーモン、ウナギなどでも相当の成分を含んでいるので、 それを食べるようにしましょう。  ※中央書院刊「美容と皮膚の新常識」を参考にしました 

なぜ洗顔にぬるま湯が良いのか

石けんで洗顔する場合、水より温水のほうが、皮脂と混ざった汚れをよく取り去ることが、まず理由としてあげられます。 ただ熱いお湯で洗うと必要以上に皮脂を取り去ることになるので、注意しなければなりません。  皮脂や汚れを取り去る力のある洗顔石けんは、できるだけ肌への負担を少なくし、 なおかつ洗浄効果があるようにつくられています。 とくにぬるま湯を使うとスピーディーに肌から汚れや石けん分も、落とすことができるのです。 ちなみに、汚れをよく落とすには洗顔料の使用量の多さではなく、よく泡立てることが大切です。  ともあれ、洗顔直後の肌はストリップ状態ですから (洗顔で取り去られた皮脂が元の状態に回復するには2~3時間かかります)、 わずかな刺激や細菌などのへの抵抗力が弱まっています。 ですから洗顔後は、肌が乾かないうちに、化粧水、乳液、クリームなどですみやかに肌を整え、保護するようにしましょう。  ※中央書院刊「BEAUTY WORD皮膚科学用語編」を参考にしました