スキンケア

細胞間脂質を増やす食品

角質層は、角質細胞が数層から十数層積み重なり、その間を細胞間脂質が埋めていて、 まるでセメントで塗り固められたレンガ塀のような構造をしています。 角質層の厚さはポリエチレンラップ程度の薄い膜ですが、保湿のバリアとして重要な役割を担っています。  細胞間脂質が不足すると角質層の保湿機能は低下して、肌は乾燥状態となります。 このような状態の肌に外からどんなに水分や油分を補ったとしても肌はうるおいません。 まずは細胞間脂質を増やして、水分や油分を逃がさないことが先決です。  細胞間脂質を合成するためには食事も大切であり、特に原料の一つである「コレステロール」の摂取が必要です。 コレステロールは動脈硬化や高脂血症などの生活習慣病の原因になることから、 とかく敬遠されますが、皮膚にとっては新陳代謝を活発にし、細胞間脂質を合成する働きがあります。 コレステロールを多く含む卵を1日1個食べるようにしましょう。  高脂血症の治療でコレステロールを下げる薬を飲むと、皮膚がかさかさになります。 このときの対策として、皮膚に保湿剤を塗ることで対処しますが、食事治療としては魚油がすすめられています。 イワシやサバなどの魚油は、「EPA」(エイコサペンタエン酸)や「DHA」(ドコサヘキサエン酸)に加えて、 ビタミンAやD、Eなどもたくさん含んでいるので、細胞間脂質の補給に有効ですし、血流をよくすることにも役立ちます。  とくに「ビタミンD」は表皮の分化を調節する作用があり、表皮細胞の厚さ、中でも細胞膜を厚く丈夫にすることや 脂質代謝を促進して、細胞間脂質の量を増加することが認められています。 イワシやサバが苦手という人はマグロやサーモン、ウナギなどでも相当の成分を含んでいるので、 それを食べるようにしましょう。  ※中央書院刊「美容と皮膚の新常識」を参考にしました 

なぜ洗顔にぬるま湯が良いのか

石けんで洗顔する場合、水より温水のほうが、皮脂と混ざった汚れをよく取り去ることが、まず理由としてあげられます。 ただ熱いお湯で洗うと必要以上に皮脂を取り去ることになるので、注意しなければなりません。  皮脂や汚れを取り去る力のある洗顔石けんは、できるだけ肌への負担を少なくし、 なおかつ洗浄効果があるようにつくられています。 とくにぬるま湯を使うとスピーディーに肌から汚れや石けん分も、落とすことができるのです。 ちなみに、汚れをよく落とすには洗顔料の使用量の多さではなく、よく泡立てることが大切です。  ともあれ、洗顔直後の肌はストリップ状態ですから (洗顔で取り去られた皮脂が元の状態に回復するには2~3時間かかります)、 わずかな刺激や細菌などのへの抵抗力が弱まっています。 ですから洗顔後は、肌が乾かないうちに、化粧水、乳液、クリームなどですみやかに肌を整え、保護するようにしましょう。  ※中央書院刊「BEAUTY WORD皮膚科学用語編」を参考にしました 

生理周期と肌トラブルの関係は?

女性の生理周期が肌に影響を与えることは以前から知られています。一般的に女性の肌は排卵日の頃が最もきめが整って美しいことは科学的にも証明されています。一方、生理開始前は皮膚のバリア機能が低下し、肌が外からの刺激を受けやすく、ちょっとした刺激に対してもトラブルが起きやすくなっているのです。  皮脂の分泌量も生理周期によって増減することも分かっています。生理後は女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)が多く分泌され、それにより皮脂の分泌は抑えられます。排卵を境にプロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が多くなり、皮脂分泌は量が増加します。  ですから生理前は肌が脂っぽくなりがちでニキビもできやすいので、洗顔はいつもより丁寧にしましょう。ニキビに悪い寝不足など不規則な生活は避け、そして菓子類やスナック類などの食事にも気をつけましょう。 肌トラブルを予防するためには、生理周期にあわせた適切なお手入れや規則正しい生活を心がけることも大切です。  中央書院刊「肌トラブル解決バイブル」を参考にしました。 

弱酸性の洗顔料の方が肌に良いのか?

健康な肌は弱酸性なので、化粧品の多くは肌と同じ弱酸性につくられています。しか し、石けんなどの洗顔料は洗浄力が必要なので、弱アルカリ性のものが多いのです。  弱アルカリ性の洗顔料で洗うと、その直後の肌はややアルカリ性になりますが、肌本来 の力(アルカリ中和能)で弱酸性に戻るので、アルカリ性の洗顔料が肌に悪い影響を与えることはありません。  弱酸性は肌にやさしい条件の一つですが、弱酸性だからすべて良いというわけではあり ません。肌性や肌の悩み、そして好みなどから自分に合った洗顔料を選んでください。  いずれにしろ、どんな洗顔料を使っても、すすぎが不十分だったりすると、肌のダメージ になります。洗顔料を肌に残さないように、すすぎ終わったと思ってから、さらに数回す すぐくらい念入りに行いましょう。 

泡立ちの悪い洗顔料は汚れも落ちにくいのでは?

洗顔クリームの場合は脂肪酸をアルカリ剤の水酸化カリウムなどで中和して石けんをつくります。主に洗顔クリームに使われる脂肪酸は、ラウリン酸、ステアリン酸、ミリスチン酸の3種類で、脂肪酸は構成分子中の炭素の数によって性質が違います。  例えば、ラウリン酸カリウム石けんの場合は、泡立ちや洗浄性が良いですが、肌への刺激は強いようです。ステアリン酸カリウム石けんは、刺激はありませんが、泡立ちや洗浄性が劣ります。泡立ちや洗浄性、そして肌への刺激などが中間的なのがミリスチン酸カリウムです。  洗顔クリームには、使われている脂肪酸の種類により泡立ちの悪いものもありますが、それでも細かい泡が皮脂の取りすぎにならないで、汚れを包んでくれるので心配はいりません。  大切なのは肌の汚れを取るのに役割分担させることで、肌を荒らさせない秘訣です。油っぽい汚れには、油を溶かし汚れを浮き上がらせるクレンジングを使い、油汚れが除かれた後で深部の汚れを取るのが洗顔クリームの役目なのです。 

泡立てNGの洗顔料とは?

たっぷりの泡で包み込むようにして、泡で汚れを落とすように洗うのが洗顔の常識です。  たっぷり泡を立てて洗うと摩擦が少ないので肌に負担をかけません。そして泡立てるということは、洗浄剤を希釈する(薄める)ことなので、高濃度の洗浄剤が肌に付着しません。この2点が”泡洗顔”のプラス面といえるでしょう。  ですから、泡立てネットなどで泡立てて、その泡で洗うことはとても理に適っていることなのです。肌にソフトな泡洗顔ですが、肌に負担をかけないためには、手早く洗い、ていねいにすすぐことも大切です。  ところが、洗顔料の中には、泡立てずに肌にそのままなじませて使用する製品もあります。保水成分を主体とした処方でつくられた洗顔料で、保水成分は洗い流した後も肌に残って、肌の乾燥を抑えます。  洗顔料の泡を立てず直接肌に塗布して使う理由ですが、泡立てると保水成分が希釈されてしまうからで、高濃度に配合された保水成分の効果をそのまま引き出すためだそうです。 

泡洗顔の意外な落とし穴とは?

「洗顔はたっぷりの泡でやさしく洗うこと」が正しい洗顔方法ということを多くの女性が認識していて、実際に女性の約6割の人がよく泡立てて洗うことを実践しているという調査結果があります。 たっぷりの泡でやさしく洗うことで肌への摩擦が軽減され、すすぎの泡切れもよくなります。  ところが、よく泡立てて洗顔している人ほどゆっくり丁寧に洗っています。洗顔に時間をかけすぎると、肌にとって必要な皮脂や保湿成分まで取り過ぎるなど、肌の負担になります。 泡洗顔でも肌に負担をかけないためには手早く洗うことが大切です。  また、約半数の人がお風呂の設定温度(40度前後)で洗顔していることがわかりました。40度以上の熱いお湯ですすぐと肌の乾燥の原因になります。また、冷たい水では、洗浄力が落ちます。 気持ちの良い程度のぬるま湯(30度前後)で洗い、すすぎ残しのないように丁寧にすすぎましょう。