美容室であなたがやりたいスタイルを上手に伝える方法

自分がイメージしていた色よりもだいぶん明るい派手なヘアカラーになってしまい職場で浮いてしまった事や、思い切ってロングヘアからショートヘアにイメージチェンジしてみたけど違和感があり過ぎていつまで経っても慣れず後悔している、サロンでスタイリストが作ってくれたスタイリングを自宅で再現させることが出来ない、パーマをかけたけど思っていたよりもカールが強めで頭が大きく見えてしまう、髪の毛を切り過ぎてしまい恥ずかしくて外出できないなど、サロンでのカットやカラーやパーマにおける失敗談は尽きません。

失敗の原因は一つではありませんが、ほとんどの場合がオーダーの際の説明不足です。自分がやりたいヘアスタイルをサロンの美容師に上手に詳しく伝えるのは意外に難しいです。意思疎通が出来ておらず、自分とスタイリストが思い描いている完成スタイルやベクトルが違えば理想のヘアスタイルにはなりません。失敗しないようにするためには、美容室の美容師にオーダーする際に明確に詳しく伝えることが重要なポイントとなります。

上手に伝えるための具体的な方法についてですが、口頭で説明するのではなく美容雑誌やファッション雑誌やヘアカタログやネット上の画像や動画などを用いて説明したり、美容師と積極的にコミュニケーションをとって自分の好きなテイストやファッションや音楽をどんどんアピールするのもおすすめです。また、美容室に行く際は自分のお気に入りのファッションで行くなどがあります。百聞は一見に如かずで、口頭のみでオーダーするよりも動画や画像や写真などを見せながらオーダーする方が確実に伝わります。

美容師に自分のことをアピールしてどんなものが好みなのか理解してもらうための努力も必要ですので、コミュニケーションは積極的にとるべきです。好きな音楽や好きな映画や趣味や休日の過ごし方など、自分をどんどんアピールしていきましょう。美容師はお客さんのファッションをチェックしています。ファッションを見てどんなスタイルを好むのかを推し量ることもありますので、美容室に行く際はお気に入りのファッションで行くべきです。自分がやりたいヘアスタイルにぴったり合うテイストのファッションコーディネートを意識して、カットやカラーやパーマの施術を受ける前に美容師に見せておくと、美容師もイメージを膨らませやすくなります。ヘアスタイルで失敗したくないなら、的確にわかりやすく詳しくオーダーすることが大事なポイントとなります。最後に髪の毛のコンディションをしっかりと把握しておくこともヘアメンテナンスでとても大事です。髪の毛がバサバサだったりしたらしっかりと理由を考えてそれに合わせてケアをしてきましょう。