寒くなる前にしたいヘア対策

冬が近づくと空気が乾燥するので、冬の気候に対応できるヘアケア対策が必要になります。事前にヘアケア対策をすれば、紫外線からのダメージにも負けない健康的な髪質になれます。1月から2月は、1年の間で最も空気が乾燥します。湿度が20%から30%になると、髪の水分も奪われてしまいます。冬の乾燥によって皮膚表面の水分が蒸発すると、肌を守っている角層がダメージを受けます。

バリア機能が弱くなると、紫外線など外部の刺激に対して無防備な状態になります。頭皮が乾燥すると、抜け毛の原因にもなります。冬のヘアケア対策には様々な方法がありますが、基本は汚れの除去と保湿です。洗髪時は、必ずシャンプー剤を泡立ててから使います。泡立てたシャンプーを髪に乗せたら、指の腹を使って優しく洗うようにします。髪を洗った後は、タオルで水分を吸い取るように丁寧に拭きます。

髪が水分を保っているうちにドライヤーで乾かしますが、天然のヘアオイルやヘアトリートメントを髪に馴染ませておけばドライヤーの熱から髪を保護できます。熱で髪が傷むので、ドライヤーを使う時間は極力短くします。温風で乾かした後に1分ほど冷風をあてると、水分の蒸発を防ぎ髪が引き締まります。頭皮マッサージを習慣にすると、頭皮の血行が良くなります。冬は寒いので頭皮も冷えやすくなり、栄養が十分に届かなくなると抜け毛につながります。血行促進につながるツボを刺激しながら、こめかみや側頭部分を回転するように揉むと筋膜が緩みます。小刻みに優しくマッサージするのがコツで、血液の流れがスムーズになると頭皮全体に栄養も行き渡るので抜け毛を防ぎます。ツボを刺激すると適度な皮脂が分泌されるので、頭皮の乾燥を防ぎます。マッサージはリラックス効果も期待でき、質の良い睡眠にもつながります。

切れ毛や枝毛など髪のダメージが気になる場合は、トリートメントで修復できます。日本では、洗い流さないトリートメントやヘアパックの人気が高いです。皮膚と同じように、髪は自ら美しくなる力を秘めています。トリートメントやヘアパックを利用する前に、まず髪本来の優れた機能を回復させます。栄養バランスを考えた食事と質のよい睡眠も、美しい髪の成長には必要不可欠です。トリートメントやヘアパックはスペシャルケアに使うようにすると、乾燥を防ぎツヤのある美しい髪をサポートしてくれます。