アイブロウの上手なシェイプ方法

眉毛は人の印象づくりに大事なポイントですが、その印象を左右するのがアイブロウの描き方です。アイブロウは一般的に眉毛を描くメイクやアイテムのことを指しますが、初心者は難しいため苦手という人も多いメイクと言えます。そんなアイブロウを失敗しないための上手なメイクアップ法を覚えておくことで、どんな形の眉毛でも美人顔に近づけられます。

上手にメイクアップするためには、自分の眉毛のタイプにあったアイテムを利用することが重要です。自眉の形が薄くぼんやりしている、左右で長さが違うという場合にはペンシルタイプを使います。ペンシルタイプを利用することで、しっかり形を整えられます。自眉がある程度はっきり綺麗な人は、パウダータイプを利用します。ふんわりとした印象を作るため、垢抜けた印象をつくれます。自眉が少ないという人は、リキッドタイプが良いとされています。一本一本描き足すように使えるアイテムですので、自眉が綺麗に整ったような雰囲気になります。髪の毛の色が明るく、自眉が濃い目という人にはマスカラタイプがオススメです。カラーや毛の流れを変えることができるため、髪の色とあった自然な眉毛などを作れます。

様々なタイプのアイテムがありますが、基本的には髪の毛と瞳の色の中間色を選ぶと自然で垢抜けた印象になります。その上で、失敗しないメイクアップ法としては、油分などの浮きをフェイスパウダーで押さえたらスクリューブラシを使って眉毛の毛の流れを整えることから始めます。毛流れを整えたら、眉毛の薄い部分や眉尻にペンシルタイプを使って一本一本描きたします。眉尻など髪が触れやすい部分や、毛が生えていない部分も丁寧に書き足します。そこにパウダータイプのものをぼかすと、ナチュラルな眉毛に仕上がります。口角と目尻の延長線上を目安にパウダーで、眉山を描いていくと自然な仕上がりになります。最後に眉マスカラを毛の流れに沿ってつけて、その後ブラシで毛流れを整えたら完成です。アイブロウが左右非対称になってしまったり、眉毛だけ浮いて見えるということが特に起こりやすい失敗です。失敗しないためには、アイテムのカラーが自分の色に合っているかをきちんとチェックした上でメイクを行います。

その上で、眉頭はふんわりとパウダーで作る、左右対称にするために描く前に印をつける、描くときには鏡から少し引いて顔全体のバランスを見ながらメイクするということが大切です。