HOME > 天然成分だけで化粧品をつくることはできないのか? [ 目次 ]

天然成分だけで化粧品をつくることはできないのか? [ 目次 ]

矢印PART 1 「危ない成分」は本当に怖いのか

■ 天然成分だけで化粧品をつくるコトはできないのか?
(1) 本当に合成原料は危険なのか
(2) そもそも天然成分の化粧品原料はあるのか
<コラム>表記で分かるビタミンEの天然と合成
(3) 界面活性剤に天然成分のモノはあるのか
<コラム>ノニオン界面活性剤について
(4) 天然植物エキスは有効か
(5) 表示指定成分無添加とは
(6) よい化粧品の条件とは
(7) 安全性の高い化粧品とは
<コラム>原料屋さんの努力
■ 化粧品安全性のQ&A
Q1 自然化粧品とか無添加化粧品って何?
Q2 シリコーンや合成の高分子は肌に悪いのか?
<コラム>シリコーンを見直そう
<コラム>カルボマーの話
Q3 キレート剤はどうして入っているのか?
Q4 防腐剤の安全性が気になるが?
<コラム>戻すのは勘弁!
Q5 紫外線吸収剤配合のモノは避けるべきか?
Q6 紫外線吸収剤と環境ホルモンの関係は?
Q7 有効成分が高濃度ほど効果は高いか?
<コラム>化粧品の倫理観
Q8 ラノリンは指定成分だが、肌への危険度は?
Q9 なぜ化粧品に使用期限はないのか?
Q10 動物実験はどうなっているのか?
■ 化粧品の怖い話は本当?
Q1 鉱物油が入っている化粧品は肌に悪い?
Q2 発がん性物質が化粧品に使われているって本当?
Q3 ラウリル硫酸Na配合の合成シャンプーは肌に悪いのは本当?
Q4 化粧品にはどのような水が使われるのか?
Q5 合成洗剤は肌のバリアを破壊し、肌荒れを起こすって本当?
Q6 石鹸の長所と欠点を教えてください。
■ 化粧品タブー原料
(1) グレープフルーツ種子エキスが使用されなかった理由
(2) 再び使用されるBHTとBHA
(3) ハイドロキノンの規制動向
(4) ジエチレングリコールと中国製グリセリン
■ 化粧品原料を検証する-1
・ラウリル硫酸Naとラウレス硫酸Na  /・ココイルグルタミン酸Na  /・石ケン素地 /・ラウラミドプロピルベタイン  /・ベヘントリモニウムクロリド  /・PEG-数字   /・PPG-数字  /・PG  /・ベヘネス-10  /・セテス-15  /・セタノール及びステアリルアルコール  /・ミネラルオイル  /・イソステアリン酸PEG-15グリセリル、・トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、・イソステアリン酸PEG-8グリセリル、・ヤシ油脂肪酸PEG-グリセリル(PEG-7グリセリルココエート)  /・イソステアリン酸ポリグリセリル-2、・ジオレイン酸ポリグリセリル-10、・トリラウリン酸ポリグリセリル-10  /・ステアリン酸ソルビタン、・ヤシ油脂肪酸スクロース、ミリスチン酸グリセリル  /・ポリソルベート60、・ポリソルベート80  /・PEG-○水添ヒマシ油  /・水添レシチン  /・トリ(カプリル/カプリン酸)グリセリル  /・ミツロウ  /・パルミチン酸エチルヘキシル、・イソノナン酸イソノニル、・トリオクタノイン  /・パルミチン酸デキストリン  /・キサンタンガム  /・カルボマー  /・カルボキシメチルセルロース、・カルボキシメチルセルロースCa、・セルロースガム  /・ヒドロキシエチルセルロース、・ヒドロキシプロピルメチルセルロース  /・アクリル酸アルキルコポリマーAMP、・アクリル酸アルキルコポリマーNa、・アクリル酸アルキルコポリマーアンモニウム  /・加水分解コラーゲン、・加水分解ケラチン、・加水分解シルク、・加水分解コンキオリン、・加水分解エラスチン  /・PPG-3ミリスチル  /・紫外線吸収剤  /・レモン精油(レモン果皮油、レモン油)  /・キレート剤  /・パラベン
■ 化粧品原料を検証する-2
・ラウレス硫酸Na、・ラウレス硫酸TEA、・ラウレスサルコシンTEA、・ラウレス-3硫酸アンモニウム  /・ラウリル硫酸アンモニウム  /・スルホコハク酸ラウレス2Na  /・アルキル(C11,13,15)リン酸K  /・ココイルメチルタウリンNa、・ラウロイルメチルタウリンNa、・ココイルメチルタウリンタウリンNa  /・ココアンホ酢酸Na、・ラウロアンホ酢酸Na  /・パーム核脂肪酸アミドプロピルベタイン、・コカミドプロピルベタイン  /・コカミドMEA、・コカミドDEA、・ラウリルグルコシド、・デシルグルコシド  /・カプリン酸グリセリル
■ 化粧品原料を検証する-3
ポリクオタニウムの仲間達

・ポリクオタニウム-10  /・グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド  /・塩化ヒドロキシプロピルトリモニウムデンプン  /・ポリクオタニウム-24  /・ポリクオタニウム-4  /・ポリクオタニウム-6  /・ポリクオタニウム-7/・ポリクオタニウム-11  /・ポリクオタニウム-22  /・ポリクオタニウム-39  /・ポリクオタニウム-47  /・ポリクオタニウム-51、ポリクオタニウム-61、ポリクオタニウム-64、ポリクオタニウム-65
■ 化粧品原料を検証する-4
タール色素について

・赤204、205、206  /・赤104(1)  /・赤201、202  /・赤218  /・赤220  /・赤223  /・赤225  /・赤226  /・赤227  /・赤228  /・赤230(1)  /・赤504  /・黄4  /・黄5  /・赤106

<コラム>赤の原料

矢印PART 2 進化し続ける化粧品成分

■ 細胞増殖因子、ヒトオリゴペプチドの種類
■ ヒトオリゴペプチド-13について
<コラム>化粧品を使う効果的な時間
■ α-リポ酸が復活
■ アルジリンなどアミノ酸ペプチドの仲間
■ アミノ酸ペプチドの仕事
■ 最近のすぐれモノエキスの話その1
■ 最近のすぐれモノエキスの話その2
■ 安全性に着目すべき成分
■ 金コロイドとナノ粒子の安全性
<コラム>微粒子を綺麗に分散させる技術
■ アシル化とシリル化
■ 油溶性から水溶性にできた原料
■ 油溶性ビタミンCを再確認
<コラム>ビタミンCの分解
■ オイルの精製と酸化
■ VCの酸化を防ぐ3つの方法
<コラム>オイルの二段階酸化
■ 永遠のテーマ、水溶性香料について
■ 香料とフレバーの違いは
■ 精油と「あるある?」騒動
■ 医薬部外品の表記について
■ 色も色々な別名称
■ 医薬品原料の化粧品への配合
■ JOJOBAはご存知?
■ 豊胸で有名なプエラリアミリフィカ根エキス
■ 抗菌作用で注目のウンデシレン酸グリセリル
■ いま注目の泥、ヘクトライト
■ 自然派歓迎、発酵法BGやPG登場
■ プロも知らないグリセリンの話
■ 機能性保湿剤、ポリグルタミン酸の話
■ アミノ酸系活性剤の泡立ち比較
■ ジェミニ型界面活性剤について
■ 化粧品の原料規格
■ 肌と化粧品の基礎知識-1
■ 肌と化粧品の基礎知識-2
■ 肌と化粧品の基礎知識-3
■ 肌荒れ事情
■ 肌のサイクルと美肌の関係
■ 水を通す穴、アクアポリンに着目
■ 赤くなるのは刺激か血行促進か?
■ あとがき―水を扱うモノたち

会社案内 | 訪問販売法に基づく表記 | プライバシーポリシー | お問い合わせ

Copyright (C) Chuou Shoin. All Rights Reserved.