なた豆パワーで辛い花粉や蓄膿から卒業

なた豆研究室
謎が多い刀豆の効果や効能を独自研究中!

むくみや便秘が即解消?悩み続けている方に試して欲しい方法

2018/06/15
便秘とむくみ

むくみや便秘になりやすいのは特に女性が多く、血流にも関係しているようです。

  • 朝起きたら顔のむくみが取れない・・。
  • 夕方になると毎日、脚のむくみが出てくる・・。
  • いろんな方法を試してみたけど、便秘が解消できない・・。

このように、便秘やむくみにお悩みの方は多くいます。
そこで、私が実体験でむくみと便秘から解消できた方法をご紹介したいと思います。

私は夕食後に水分を摂ってしまうと、翌朝になって顔のむくみが酷くなるのです。しかし、暑い日には夕食後は何も飲まない!なんてできないですよね。
むくみは仕方ないと気持ちを切り替えて過ごしていましたが、あまりにもむくみが酷く、出社すると「顔、どうしたの?」って心配されるのです。

また、デスクワークの仕事柄だと思うのですが、夕方になると脚のむくみが凄いんです。強く指で押さえて離すと、なかなか戻らず指で押した跡が残るほどです。

便秘についても3日間は何も起こらないのは日常茶飯事で、1週間スッキリしないこともあります。1週間経過するとさすがに腹痛が起こり、何をするにも便秘が気になってしまうような状況でした。

むくみと便秘の共通なことというと、血流の悪さだと考えています。
脚や顔がむくんでしまうのは血流が悪いために、水分が蓄積されてむくんでしまう事に気づいたのです。

便秘は、水分の摂らなすぎと血流が原因と考えました。
水分を摂らないと、便に水分がいかなくなり硬くなってしまう。さらに血流が悪いと処理しきれずに硬い便になってしまうと思ったのです。

そこで、水分を摂りながらむくみや便秘解消になるものは無いだろうか?と悩んでいたところ、素晴らしい食品と出会うことができました。

それが、なた豆だったのです。

なた豆には抗炎症作用や血流促進作用が含まれているようで、血流促進に関してはウィキペディアにも掲載されています。
また、福神漬にも入っていたりするので、一度はなた豆を食べたことがあるのではないでしょうか。

薬効としては、血行促進や免疫力の向上などのさまざまな効果があるほか、昔から排膿(膿を出す)の妙薬と言われており、腎臓に良く、蓄膿症、歯周病や歯槽膿漏の改善、痔ろうなどにも効果がある。
Wikipediaより

私はこの血流促進に注目しました。
なた豆には健康茶としてなた豆茶が販売されています。なた豆茶を飲めば水分を摂取しながら血流促進ができると考えたからです。

水分を摂りながら血流促進ができるなんて、一石二鳥ですよね。

そこで、早速なた豆茶を買って試してみることにしました。
飲んでみると青汁やせんぶり茶のような苦みやクセは全くなく、麦茶や緑茶のようにゴクゴク飲むことができます。
むしろ、健康茶というよりも飲みやすいお茶なので、抵抗が全くありません。
本当にこれで改善できるのかな?って思ってしまうほどです。

そして、飲み続けた結果で驚きがあったのです。
なた豆茶を飲み始めて2日後でなんとトイレに行くことができ、便秘解消することができたのです。

そして、夕食後になた豆茶を飲んでも翌朝にむくみが出ることもありませんでした。

私はなた豆茶で便秘とむくみの両方が解決できてしまったのです。
今まで何年も悩み続けてきた便秘とむくみがなた豆茶だけで、解消できてしまったことに感動しました。

今まで便秘やむくみで悩んできた私だからおすすめできるので、試してみる価値はありだと思います。

なた豆について、さらに調べてみると白なた豆と赤なた豆があるようで白なた豆の方が毒素が少ないようです。毒素と言ってもふぐのように死に至るというようなことではないので、摂取しても心配ありません。
また、白なた豆の方が苦みも少なくまろやかなようですので、なた豆購入する場合には、白なた豆をおすすめします。

なた豆をもっと手軽に摂取したい!というあなたにおすすめしたいのがサプリメントがあります。
サプリでしたら電車などの移動中にも摂取することができ、いつでも手軽に飲めるので便利ですよ。

なた豆茶やサプリメントについては以下ページでご説明しています。
なた豆茶となた豆サプリ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGETOP