なた豆パワーで辛い花粉や蓄膿から卒業

なた豆研究室
謎が多い刀豆の効果や効能を独自研究中!

口臭は自分では気づきにくい?だから口臭予防は大切なのです

2018/06/05
なた豆と口臭

虫歯や加齢によって口臭はひどくなってくる場合があるようです。
私自身、虫歯がひどいときがありまして、その時お付き合いしていた異性に「口が臭いよ」と衝撃発言を浴びせられたことがあります。

好きな人から口臭の事を言われてしまうと、かなりショックですよね。
しかし、自分ではなかなか口臭がひどいとは気づきにくいものです。

そこで、口臭がひどいと言われる前から口臭予防が大切と思います。
ここでは、これまで口臭がひどかった私が改善した結果から持論を基にご説明したいと思います。

口臭の原因とは?

口臭の原因はいろいろあります。

例えば虫歯による口臭があります。歯垢が付着してくると虫歯となってしまい穴が開いてしまいます。その穴に食片などが詰まってしまうことで腐り口臭の原因となるようです。
この虫歯が悪化してくると、神経まで届いてしまい、悪臭がします。人によってはドブのような臭いがします。

その他には治療した銀歯などの隙間から臭いがすることがあります。虫歯も銀歯などによる被せ物も菌の繁殖によるものと考えており、早めの治療を行うことで口臭から卒業できると考えています。

また、ストレスや歯周病、蓄膿症などが口臭の原因と言われており、特に歯周病や蓄膿症を早めに治療を行わないと、歯が溶けてしまったり膿が溜まって手術となる可能性があります。

このように口臭にはさまざまな要因があります。今回ご紹介した口臭の原因はごく一部ですが、周りにも迷惑となり不快な思いをさせてしまうので、早い口臭改善が必要となります。

口臭予防グッズ

ここでは口臭予防グッズをご紹介したいと思います。
私がおすすめする口臭予防はなた豆になります。

口臭予防と聞くとミントなどがイメージできますが、ミントなどは一時的な口臭予防と思っています。長い目で見たときに予防になると考えたのは、なた豆だったのです。

なた豆って口臭予防になるの?って思っている方も多くいらっしゃることと思います。

例えば「なた豆歯磨き」とネット検索してみてください。
するとかなりの数でなた豆歯磨きがヒットすることと思います。
各社が「なた豆=口臭予防」になると考えておりますので、なた豆歯磨きを販売しているのです。各社、なた豆歯磨きを販売していることこそが、なた豆効果と言えるでしょう。

もちろんなた豆歯磨きが口臭予防として販売されているので、おすすめとなります。

しかし、さらに効果的に口臭予防したいと思いませんか?

そこで、なた豆茶となた豆サプリメントをご紹介します。

なた豆茶は麦茶のようにゴクゴクッ飲むことができる、クセが無いお茶になります。

セルヴィスのなた豆茶
なた豆茶と聞くと、せんぶり茶や青汁のようなクセや独特の香りをイメージすると思いますが、このようなクセが全くなく本当に麦茶のようにゴクゴクッ飲むことができるのです。
例えば、食事中や朝起きたときの口内のネバネバ除去するためにおすすめと言えます。
私が飲んでいるなた豆茶です→http://www.cbis.jp/268/

もう一つはなた豆サプリです。

セルヴィスのビスカット
なた豆サプリはお出かけ時や電車やバスの移動時、パソコン作業の時などにおすすめです。
お茶ではなくサプリメントになっているので、移動時には食べやすく、パソコン作業時にもお茶のようにこぼすことがないため便利です。
私が飲んでいるなた豆サプリです→http://www.cbis.jp/216/

さらにオススメグッズ

これも私が実体験になりますが、なた豆歯磨きと併用して使ってほしいグッズがあります。

それは電動歯ブラシです。

口臭には電動歯ブラシ

電動歯ブラシは高価だし、手で十分だよ!って思っている方に特に使ってほしいのです。
私も電動歯ブラシを使う前は、手で十分って思っていました。

しかし、ある日にプレゼントしてもらって以降に電動歯ブラシを使いだしましたが、手で磨くより歯がキュッとしてスッキリします。
また、歯と歯茎の歯周ポケットにブラシを当てることで、歯茎も締まった感じがしています。

電動歯ブラシの使い始めはブラシの振動でくすぐったい感じがしましたが、今では宿泊する際にも電動歯ブラシを持ち歩くようになりました。

もちろん、口臭予防にも優れているので電動歯ブラシはおすすめですよ。

まとめ

いかがでしょうか。

1日でも早い口臭予防を目指すのなら、なた豆茶・なた豆サプリ・なた豆歯磨き・電動歯ブラシの4点セットで最大限に発揮できると思います。
好きな人や仕事仲間などに臭い!って思われる前に対策は必要です。

自分は大丈夫!って思っている方ほど口臭がひどい方がいるように感じます。

なた豆について、さらに詳しく知りたい方はトップページをご覧ください。
なた豆の効果とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGETOP