なた豆パワーで辛い花粉や蓄膿から卒業

なた豆研究室
謎が多い刀豆の効果や効能を独自研究中!

蓄膿症を解決できるかもしれない驚きの方法とは?

2018/05/28
蓄膿となた豆

蓄膿症とは鼻の奥側に膿が溜まってしまう、気づきにくい病気です。
おそらく、この記事を見ているということは蓄膿症の方、もしくは蓄膿症かも?と感じている方がほとんどだと思います。

そこで蓄膿症に悩んでる方にオススメしたい、蓄膿症が解決できるかもしれない私だけの独自方法をご紹介します。

蓄膿症って?

蓄膿症の主な症状は、黄色い鼻水のような膿が鼻から出たり、膿による口臭、鼻づまりなどがあります。

私も数年前、蓄膿症になったことがありましたが、少しずつ膿が溜まっていたようで毎日の生活の中では気づきにくかったです。

もしかしたら蓄膿症かも?と思いながら記事をご覧になっている方は蓄膿症の可能性が考えられるので、早めに病院での診察をオススメします。

私自身もその当時は病院に行くまで、蓄膿症とは思わずに診察を受けていたほどでした。

 

蓄膿症は、早い段階でしたら飲み薬で回復出来ますが、酷い場合は手術もあるようです。ちなみに私は早期治療だったので飲み薬で済みました。

また、蓄膿症になってしまうと鼻詰まりなどが起こり本人が1番大変で辛いです。

息するときも鼻が膿で圧迫されるので大変です。それに、口臭は自分では気づきにくいですが、周りの人に迷惑をかけてしまいます。

 

そんな蓄膿症は、一日も早く治す必要があるのです。

そこで、そんな時にオススメするのが、なた豆です。

なた豆は蓄膿に良い?

なた豆には膿などの炎症を抑制する機能(抗炎症作用)があるとされており、蓄膿症には最適と言われているのです。

蓄膿症と言われた時の私の独自方法は、病院で処方してもらった薬を飲みながら、なた豆を摂り入れていました。すると、回復が早い感じがして病院に通院しなくてもいいレベルになりました。

当然のことですが、なた豆は薬ではありませんので蓄膿症をなた豆だけで治療するのは間違いです。しかし、蓄膿予防でなた豆摂取は良いと思います。

今回ご紹介した方法は、なた豆効果を疑っている方は特に試して欲しい方法です。

私も初めはなた豆で楽になるのなら薬なんて要らないって思っていましたが、そうではなくて、なた豆を併用して摂りこめば改善できるかもしれない!と思うようになり、朝と夜の薬を飲みながら仕事の合間にはなた豆茶と飲んで、食事後にはサプリメントを摂取していました。

すると、確かに鼻詰まりも改善されてきていることも分かってくるようになったんです。

 

蓄膿となた豆の関係性があると思っていない方は半信半疑になってしまいがちですが、是非一度試して欲しいと思います。

がおすすめするなた豆商品は、なた豆茶サプリメントです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGETOP