なた豆パワーで辛い花粉や蓄膿から卒業

なた豆研究室
謎が多い刀豆の効果や効能を独自研究中!

なた豆茶で副鼻腔炎が改善する?いろんなウワサをまとめてみました

2018/05/16
なた豆茶と副鼻腔炎

なた豆茶には抗炎症作用が多く含まれているため、副鼻腔炎(ふくびくうえん)に効果があるという噂があります。

副鼻腔炎とは、いわゆる蓄膿症のことになるようですが、鼻やおでこの裏に膿が溜まる症状です。副鼻腔炎は膿みが溜まるので腫れや臭い、鼻づまりなど起こります。

原因としては虫歯や細菌など、人によりさまざまとなっています。

 

このような副鼻腔炎ですが、なた豆茶で改善効果があるという噂は本当なのでしょうか?

そこで、なた豆茶を飲み続けると、どんな効果があるのか、まとめてみたのでご紹介します。

なた豆は膿み出し効果がある?

副鼻腔炎になったらもちろん病院をおすすめしますが、仕事などですぐ病院に行けない方もいるはずです。

なた豆茶には抗炎症作用が多く含まれており、膿や吹き出物などの炎症部分に効果に期待があるとされています。なた豆は江戸時代のころには漢方として処方されており、膿み出し効果があると古くから伝えられていたようです。

病院のある先生も「100%効果があるわけではないが、なた豆で症状が軽くなっている」とおっしゃっているようです。

なた豆茶には炎症を抑える成分が入っており、それによって副鼻腔炎などの炎症を抑制する効果があるようですね。

なた豆茶には膿み出し効果があるとは言い切れませんが、効果なしとも言えないようです。

副鼻腔炎はなた豆で治る?

なた豆茶が炎症を抑えるということが分かってもらえたと思います。

では、副鼻腔炎になったらなた豆茶で治るのでしょうか?

 

答えは「治るという事はない」と考えています。理由としては薬ではないからです。

 

しかし、なた豆茶を飲むことによって副鼻腔炎を和らげる効果はありそうです。これまでになた豆茶で副鼻腔炎が改善されてきているという報告もあるようです。

病院に行かないで、なた豆茶だけで治すのではなく、病院といい関係を作っていけばいいと提案します。なた豆茶があれば副鼻腔炎が治るという、薬のような考えを持たないようにしてください。

副鼻腔炎から1日でも早く卒業するために

副鼻腔炎になると鼻づまりだけでなく、周りへの臭いにも影響があるため1日でも早く改善したいことでしょう。

そこで、少しでも副鼻腔炎から卒業できるためにおすすめの方法をご紹介します。

 

まずは基本的なことですが、病院に行ってください。副鼻腔炎は耳鼻科で診察してもらえます。

そして、薬を処方されると思いますので、用法用量を守って規定通りに飲むようにしてください。診察で副鼻腔炎がひどい場合には手術となることもあるようです。

 

副鼻腔炎と診断されたら薬と併用してなた豆茶をおすすめします。なた豆茶は薬ではありませんので、併用しても問題ありませんが、心配のようでしたら病院の先生に相談してみましょう。

薬は一時的な効果があり役目を果たしてくれますが、なた豆茶は炎症を抑え続けてくれるので、副鼻腔炎が改善されたとしても継続していくことで副鼻腔炎予防となる場合も考えられます。

 

この方法で1日でも副鼻腔炎から卒業できることを願っています。

なた豆についてさらに詳しい情報についてはトップページをご覧ください。

なた豆と蓄膿症について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGETOP