なた豆パワーで辛い花粉や蓄膿から卒業

なた豆効果研究室
謎が多い刀豆の効果や効能を独自研究中!

妊婦にはナタ豆茶がおすすめ?ノンカフェインで国内生産で安心

2018/04/02
ノンカフェインは妊婦におすすめ

妊婦さんで気を付けなければならない部分の一つに飲み物があります。妊娠が分かってから出産、そして出産してから母乳を赤ちゃんに飲ませている期間(授乳期)まで、特にカフェインの摂り過ぎには注意が必要です。

カフェインを摂りすぎてしまうと胎児への影響も考えられており、産婦人科の先生にも注意を受けることでしょう。

 

もしもカフェインが原因で胎児に影響が出てしまったら・・・。取り返しのつかない問題となってしまうので、出産が分かった時点でカフェインはできる限り摂らないようにします。

といっても、カフェイン入りの飲料はかなり多く種類が制限されてしまいます。特にカフェイン飲料で代表的なものは以下が挙げられます。

  • コーヒー
  • 緑茶
  • 紅茶
  • ウーロン茶
  • コーラ

妊娠発覚するまでの期間、このようなカフェイン入り飲料をかなりの頻度で摂取していたのではないでしょうか?

このようなカフェイン飲料の摂取は気を付けなければいけません。しかし、妊婦は赤ちゃんを成長させるために栄養だけでなく、水分もとっても必要なのです。「カフェインがあるから水分は取らない」という訳にはいきません。

 

そこで、妊婦さんや母乳で赤ちゃんを育てているママさんへ、安心そして安全なノンカフェイン飲料をご紹介します。

1.ルイボスティーは安全?

ノンカフェインのルイボスティー

ルイボスティーはノンカフェイン飲料となっており、美容や健康目的に飲まれている女性も多くいます。

アンチエイジングや美肌、アトピーにダイエットなどの効果や効能があるとされています。しかし、生産地を調べてみると南アフリカなどの海外での生産が多く、国内産ではないので安全面でちょっと不安な部分を感じます。

2.マテ茶は安全?

ノンカフェインのマテ茶

マテ茶もノンカフェイン飲料となっているので、多くの妊婦さんが飲んでいることでしょう。マテ茶は栄養豊富で飲むサラダとも言われていてコレステロールを下げる効果や肥満予防になるので、美容やダイエットにおすすめなお茶となってます。

しかし、このマテ茶の生産地のほとんども南米となっていて、海外生産に抵抗がある方は不安な部分だと思います。

3.なた豆茶は安全?

ノンカフェインのなた豆茶

海外生産の安全面などに不安な妊婦さんにおすすめしたいのが、「なた豆茶」です。

なた豆茶ももちろんノンカフェインとなっているので、妊婦さんでも問題なく飲むことができます。臭いにクセは無く飲んでみるとスッキリした飲み心地なので、大量にゴクゴクと飲むこともできます。

スッキリした味になっているので、つわり時などに飲むと気分転換しやすいことでしょう。

当サイトでは、なた豆茶をおすすめします。

このなた豆茶をおすすめする理由として、ズバリ安全性があります。

なた豆茶の多くは国内生産となっているので、海外産に比べると安心感が違います。カラダの事を考えるのならマテ茶やルイボスティーなどの海外産よりも国内生産のなた豆茶がおすすめです。

セルヴィスさんから販売されているなた豆茶は、生産から製造・加工まで完全国内生産で作られているというこだわり品ですので、妊婦さんや母乳で育てているママさんにはおすすめできるお茶となっています。

なた豆に関してさらに詳しく知りたい方は、トップページをご覧ください。

なた豆の効果について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGETOP