なた豆パワーで辛い花粉や蓄膿から卒業

なた豆効果研究室
謎が多い刀豆の効果や効能を独自研究中!

なた豆を摂取すると副作用が起こる?実際に試してみた結果

2018/04/02
副作用

なた豆が体に良いことは分かっているけど、副作用が心配・・。

このようにお悩みの方に「なた豆の副作用」について調査を行いました。

 

なた豆は古くから漢方として利用されてきました。しかし今では漢方としてではなく、多くの商品がお茶や歯磨き・サプリメントなどに加工され販売されているので、簡単に手に入りやすくなりました。

簡単に購入できることが便利になりましたが、なた豆を摂取したことがない人だと気になるのは副作用ですよね?

 

そこで、実際に私がなた豆を使って、危険な副作用があるかどうかを試してみることにしました。

なた豆体験者のプロフィール

私は1981年生まれの男性で血液型はA型です。

食事でも好き嫌いはほとんどなく、なんでも食べます。しかし、調子に乗って食べ過ぎたりすると腹痛になりやすかったり、偏った食事をすると口内炎ができやすい体質となっています。

それ以外の健康面では気になることはほとんどなく、これまでの健康診断では、すべて良好とまではないですが、経過観察というレベルでクリアしています。それ以外の悩みとしては、毎年の花粉症となっています。

 

このような私が、実際になた豆を摂取して体への変化を試してみました。

なた豆歯磨き粉の副作用は?

なた豆歯磨き

まずは、なた豆歯磨き粉です。

なた豆歯磨きは、通常の歯磨き粉と同様でブラシに適量を付けて磨くだけです。最近ではドラッグストアでもなた豆歯磨きが販売されていて手軽に手に入れることができます。

そんな歯磨きを実際に使ってみると、泡立ちが普段の歯磨きと同等ほどではありませんでしたが、歯磨きした後は口内がさっぱり、そしてスッキリします。

普段使っている歯磨きと比較してもスッキリ感を感じることができました。泡立ちがあまりよくなかった原因としては、なた豆成分によるものなのかもしれません。

 

約1週間ほど使ってみると慣れてくるもので毎日が快適に使う事ができます。1週間連続で使用してみましたが、特に口内に異常を感じることはなく、逆に歯磨き後にスッキリして快適になり使ってよかったと実感しました。

私は1か月に1回の頻度で口内炎ができますが、なた豆歯磨きを使い始めたところ、なた豆成分に含まれている抗炎症作用の働きのおかげなのか、口内炎ができにくくなりました。

炎症などのアレルギー症状も起こりませんでした。

 

使い始めの泡立ちだけが気にありましたが、副作用を感じることはありませんでした。

なた豆茶の副作用

セルヴィスのなた豆茶

次になた豆茶を飲んで副作用の判断をしてみます。なた豆商品の中でもなた豆茶は各メーカーが多く販売しているのではないでしょうか。

販売種類が多いなた豆茶ですが、その中でも今回はセルヴィスさんから販売されている、なた豆茶を購入してみました。

 

セルヴィスさんのなた豆茶は完全国内生産となっていて生産から加工など、すべて国内で行っているという事なので安心して購入することができます。体内に摂り入れるものは安心が一番ですね。

早速開封してみると、麦茶のパックのように煮出して作るようになっています。

紅茶のティーパックのようにカップごとに作るタイプではないので、煮出す手間がありますが1回作ってしまえば冷蔵庫などで保管でき、いつでもすぐに飲むことができます。

なた豆茶を見る前は青汁のような緑色を想像していましたが、ほうじ茶のような茶系となっているので、抵抗なく飲めそうです。香りも煮出した直後はきな粉のようで、飲みやすそうですが、もしきな粉の香りが嫌な方は冷蔵庫で一度冷やすと飲みやすいと思います。

 

実際になた豆茶を飲んでみると、スッキリした飲み心地で苦みなどのまずさは全くありませんでした。飲む前は青汁のような感じだと思っていましたが、一口飲んだ瞬間「あ、美味しい」と感動するほどでした。

あまりの飲みやすさに花粉や蓄膿などにおすすめとは思えないほどです。

なた豆茶は緑茶ほど渋みはないので、日本茶よりも好きになりそうです。

このなた豆茶を食事中や休憩時などに、約1日1リットル飲むくらい頻繁に飲んでみました。すると驚きの効果が出てきたのです。

 

なた豆茶を飲み続けて1週間ほど経過すると、口内炎ができにくくなり、毎日快便となったんです。

 

「いや、そんなはずはないでしょ?」と多くの方が感じると思いますが、本当に改善されたんです。

私も、なた豆茶を飲む前は「あまり効果を感じることはなさそう」とあまり期待していませんでした。しかし、1週間ほどで驚きの効果になったことで感動するほどでした。

 

確かに個人差や体質によって人それぞれ変わると思いますが、ニキビや口内炎、便秘気味でお悩みの方は試してみると良いと思います。

なた豆茶を飲んだ副作用については、感動の方が大きかったので異常を感じることはありませんでした。副作用は無しです。

なた豆サプリメントの副作用

セルヴィスのビスカット

なた豆茶をいつでもどこでも手軽に摂り入れたい」と考えていらっしゃる方におすすめなのが、なた豆サプリメントです。

なた豆サプリメントは食事前後の摂取など関係なく、いつでも食べることができるサプリメントです。例えば電車やバスに乗っている通勤時や移動時、なた豆茶を作る時間が無い方におすすめです。

 

今回、副作用を確認するサプリメントは、なた豆茶でもおすすめだったセルヴィスさんのなた豆サプリメント「ビスカット」です。

 

ビスカットは余分な添加物や着色料などを一切含んでおらず、水飴で錠剤に固められたサプリメントとなっているので、1粒の中に栄養たっぷり凝縮されています。

こちらのビスカットは毎日好きな時に食べるようにしてみました。実際にビスカットを食べてみると、きな粉風味となっていて、苦みやクセが全くありません。

通常、サプリメントは水で流し込むと思いますが、水無しで噛んでも良いという事ですので、お菓子のように食べることにしました。あまりの美味しさに水無しで食べる方法がクセになりそうです。

食べ過ぎると、下痢気味になる不安もあったので初めは1日3粒程度にして、慣れてきたら1日5粒まで増やして食べるようにしました。

食べ続けること1週間ほど経過すると、こちらもなた豆茶同様に快便になり、口内炎ができにくくなったのです。

サプリメントは薬ではないので、治るというような効果を伝えることはできませんが、便秘がちな方や口内炎ができやすい方、ニキビや吹き出物などの炎症が起こりやすい方にはぜひおすすめです。

 

ビスカットの副作用については、1週間以上食べ続けていますが、全く異常は起こっていません。

まとめ

いかがでしょうか。

実際に歯磨き粉・お茶・サプリメントの副作用を体験してみましたが、なた豆によるアレルギー反応や炎症、副作用などは一切起こりませんでした。

 

なた豆は摂取したことがなく不安」という方が多くいらっしゃいます。しかし、実は福神漬の中に含まれているのです。なた豆を見たことが無い方でも福神漬は食べている方が多いはずです。

福神漬で副作用が起こらないという方は、なた豆商品でも副作用が起こりにくいと思いますので、口臭や花粉・蓄膿・ニキビや吹き出物にお悩みの方は、まずは試してみてはいかがでしょうか。

なた豆についてさらに知りたい方は、トップページをご覧ください。

なた豆の効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PAGETOP